バンパー塗装の際に必要な用具とは

バンパーに関しては、走行中に飛来物によって傷が付いてしまったり、同じように走行している時に不注意に塀などに擦ってしまうこともあります。バンパーについてしまった傷については、非常に目立ってしまうことになるので、綺麗に自動車を見せることを希望していて、大切に取り扱いをしている方のケースでは、気になってしまうことが目立ちます。このような状態であれば補修を行い、バンパー塗装を施す方法で問題なく対処することができ、DIYの手法によって自宅で補修を行うことも決して不可能ではありません。バンパー塗装を行うことを考えている方の場合では、事前に準備したい道具類の数々が存在しているので、前もって知識を得てから購入した作業を行うことで、スムーズにバンパー塗装を済ませられます。

バンパー塗装前に必要とされている道具について

バンパー塗装を自主的に行うことを考えている方ならば、事前にバンパーの状態を改善させることが必要な作業になります。この際に必要としている道具に関しては、まずは洗車を行う道具になります。バンパーに付着している油性分などを除去できるカーシャンプーなどが必要になり、修理を行う部分を綺麗にすることが必要です。次にヤスリをかけることが必要になり、傷の部分が凹凸の状態になっている場合では、耐水ペーパーを購入する必要があります。耐水ペーパーは荒目から細目まで揃っているので、仕上げには1500番以上のタイプを利用する方法で綺麗に仕上げることができます。その後に関しては、再び洗車を行うことが必要になるので、洗車に対して必須道具となるスポンジや洗剤は最低限必要な道具として挙げることができます。

実際にバンパー塗装を施す際に必要な道具の数々

バンパーの下地を綺麗に仕上げた場合では、次の工程として実際にバンパー塗装を行うことになります。この際に必要とされる道具類に関しては、まずはマスキングテープと新聞紙などを準備する必要があります。マスキングテープと新聞紙を用いて、塗料が付着しては困る部分を隠すことになり、塗装を施す部分だけを見えるように設定することが基本になります。次に下地用の塗料としてプライマーなどを用意することも必要です。下塗り材の缶スプレーとして販売されているので、簡単に入手できます。塗料関連では他にもボディのカラーと同一の缶スプレー、ボカシ用の缶スプレー、クリアラッカー用の缶スプレーなどを準備しておくと綺麗に仕上げることができます。最後に必要とされている道具に関しては、コンパウンドを挙げることができ、鏡面仕上げにすることができる細目のタイプを選択することで、作業を円滑に済ませられます。

コメントは受け付けていません。