初心者でもわかりやすいバンパー塗装のやり方

バンパーを擦ってしまったりして自分でバンパー塗装する場合、傷付いた箇所のバリ取り後、下地作り、パテ盛り、研磨作業、サーフェイサー塗布、研磨作業、カーラー塗布、研磨作業、クリア塗布、研磨作業の順番で進められますが、一連の作業をする前に車に汚れが付着していると、バンパー塗装する際に妨げになるので事前に洗車をして奇麗な状態にしておき、粉塵、有毒ガスが発生するので専用のマスクを用意し、換気設備の整った場所で、埃などが付着しない屋内の作業スペースを確保する必要があります。また、バンパー塗装する場合、研磨する技術と塗装する技術が必要になり、#100~#3000のサンドペーパーとコンパウンド、シリコンオフやマスキングなど事前に準備しておきます。

傷付いた箇所のバリ取りからパテの仕上げ作業

バンパー塗装の作業方法は、傷付いた箇所のバリ取りから始めるのですが、#100~#200程度のサンドペーパーを使ってバリを完全に取り除いた後、#300程度のサンドペーパーを使ってバンパー塗装する箇所を研磨して下地作りを行います。この時、サンドペーパーは直接手に持って磨くと指の当たる部分のみが削れてしまうので、当て木などを使用して均等に研磨します。次に、シリコンオフなどを使い研磨した箇所の脱脂と清掃を行った後、専用のパテを持って完全に硬化したら#500程度のサンドペーパーを使って成形するのですが、手の平で撫でながら凹凸を修復するようにして研磨し、この段階で凹凸があると、塗装した際に歪んで見えてしまいますので慎重に研磨作業を行い、削り過ぎた場合は再びパテを盛れば修正できます。

サーフェイサー塗布から仕上げ作業

パテの仕上げが終了したら、細かな傷を埋めて塗料の密着性を上げるサーフェイサーの塗布を行うのですが、塗布する箇所を脱脂した後、塗りたくない場所をマスキングし、サーフェイサーを均一に塗布し、完全に硬化するまで埃が付かないように注意しながら待ちます。次に、#1000程度のサンドペーパーで均等に研磨するのですが、耐水用のサンドペーパーを使い水研ぎする事で綺麗に仕上がります。次にカラー塗装をするのですが、脱脂とマスキングを事前に行っておき、塗装する前に色が合致しているかどうかの確認を行ってから塗装し、完全硬化したら#3000程度のサンドペーパーで面を整える感じで研磨します。次に、カラー塗料を保護する目的でクリアを塗布し、コンパウンドを使って磨き上げれば終了となります。

コメントは受け付けていません。